ダウンロード

ボトックスで顔のシワを治療する前に、こんな効果があることを知っていますか?

眉間のボトックス注射でうつ病が治る!?

 Treatment of depression with botulinum toxin A: a case series.」(Dermatol Surg. 2006 May;32 (5) :645-9; )によると、10人のうつ病患者にボトックス注射によるシワ治療を行いました。すると2ヶ月後、なんと9人がうつ病が治り、残る1人も症状がかなり解消したとのことです。つまり、ボトックスでシワを消したらうつ病も治ってしまったという報告があります。症例報告レベルなので信頼度としてはあまり高くはありませんが、いくつかのシワをボトックスを使って治療することがうつ病の改善に繋がる可能性があるとの報告を受け、米国では本格的にボトックス注射によるシワの治療とうつ病の関連性を調べる調査が公的機関(NIH)によって行われています(「Efficacy Study of Botox for Depression」clinicaltrials.gov)。 眉間の縦じわは「しかめっ面」と呼ばれるところが意味するように、眉間の縦じわは機嫌が悪そうな印象を人に与えます。眉間に横シワもできます。眉間の縦のシワに比べればあまり目立ちませんが、気になる人は気になりますよね。

眉間のシワを作る筋肉は二種類です。

眉間のシワを作る筋肉は二種類あります。眉間のシワは二つあります。眉間の横シワを作る筋肉と眉間の縦ジワを作る筋肉はそれぞれ別のものであり、これらの関係を知らないでボトックス注射をしてしまうと、とんでもないことが起きてしまいます。 眉間の縦ジワを作る筋肉は皺眉筋です。この皺眉筋が縮むことによって眉間の縦のシワができます。医師および医学生なら間違いなく知っている解剖学の教科書「グレイ解剖学(GRAY’S ANATOMY)」の学生向け教科書には、この眉間の縦ジワを作る皺眉筋(しゅうびきん)について「眉を潜めて不機嫌な表情をするときにこの筋が働く」と書かれています(グレイ解剖学原著3版 エルゼビア・ジャパン P747)。米国で一番ボトックスがシワ治療として使われるのが、この眉間の縦じわであり、その理由として他人に不快なイメージを与えるからということが挙げられます。要するに眉間の縦じわはしかめっ面と呼ばれるところが意味するように機嫌が悪そうな顔に見えてしまいます。

眉間の横ジワを作る筋肉は鼻根筋

眉間の横ジワを作る筋肉は鼻根筋です。鼻の付け根、これを解剖学用語では「鼻根」と呼びます。鼻の骨(鼻骨)から始まった筋肉が眉間にある皮膚にくっついている筋肉があり、これが鼻根筋(びこんきん)です。この鼻根筋が縮む(収縮する)ことによって、眉間の横ジワができてしまいます。まあ、眉間の横ジワというか鼻の横ジワが前述の縦じわのように不機嫌な印象を人に与えることはないと思います。グレイ解剖学によると鼻根筋は「眉間の皮膚を引き下げて、鼻背の皮膚に横皺をつくる」とだけ記載されています。 皺眉筋と鼻根筋によって眉間のシワは形成されています。眉間の縦じわを作る皺眉筋も眉間の横ジワを作る鼻根筋もともに顔面神経によって動かされています。ボトックス注射によって顔面神経から枝分かれした細い神経の伝達を阻止することにより、皺眉筋、あるいは鼻根筋、あるいは両者が収縮してシワを作らないようにすることが可能になるのです。

眉間の縦ジワを作る筋肉は皺眉筋

 眉間の縦ジワを作る筋肉は皺眉筋。この皺眉筋ですが、なぜか多くの美容系サイトでは読み方・ふりがなが書かれていません。この皺眉筋が縮むことによって眉間の縦ジワができます。「皺眉筋」とは、顔の表情筋の一つであり、眉を寄せる動作を担当する筋肉です。正式名称は「眉間筋(びかんきん)」とも呼ばれます。この筋肉は眉間の中央に位置し、怒ったり不満な表情を作るときに活動します。ボトックス注射を皺眉筋打つことで、筋収縮を一時的に抑制し、表情の怒りや不満を感じるようなシワを軽減することができます。

ボトックス注射と鬱の関係性は、研究の対象となっているものの、その効果やメカニズムについてはまだ完全には理解されていません。一部の研究では、ボトックス注射がうつ病の症状を軽減する可能性があると示唆されていますが、その効果にはバラつきがあります。 一般的に、ボトックス注射は表情筋の収縮を抑制するため、顔の表情に変化をもたらします。顔の表情が変化し、感情の表現に影響を与えることで、うつ病の症状に対して肯定的な影響を及ぼす可能性があります。 しかし、ボトックス注射がうつ症状に対して有効であるかどうかについては、まだ明確な証拠が得られていません。また、個々の人によってその効果が異なる可能性があります。

ボトックス治療

おすすめ記事はこちら

記事監修

皮膚科医師

スタジオ15_800px_R

安藤かおり

カウンセリングは時間をかけて丁寧に行います。

私は、これまで皮膚科専門医として多くの患者様の診療をしてきました。シワ・たるみやしみなどを治療することで患者様の幸福度を上げるお手伝いができたらと思います。「自分に合った化粧品を知りたい」、「効果の高い化粧品を使いたい」、「美肌になりたい」など美容の悩みは人それぞれです。丁寧なカウンセリングより患者様一人ひとりに適したスキンケア方法を専門的な視点からお伝えし、皆様の綺麗のお役に立てられるよう努めて参ります。


【資格・所属】

日本皮膚科学会

皮膚科専門医

アラガンジャパン ボトックスビスタ施注資格

アラガンジャパン ジュビダームビスタ施注資格


【経歴】

平成24年3月 名古屋大学医学部医学科卒業

平成24年4月 名古屋掖済会病院研修医

平成26年4月 名古屋大学医学部附属病院皮膚科入局

平成30年4月 協立総合病院皮膚科 勤務

令和 3年4月  なおみ皮フ科クリニック、あすか皮フ科クリニックにて保険診療、美容診療に携わる

令和5年4月  あんどう歯科・美容皮フ科を開業

Access

あんどう歯科・美容皮フ科

住所

〒466-0014

愛知県名古屋市昭和区東畑町1丁目40−9

Google MAPで確認する
電話番号

052-734-7997

052-734-7997

営業時間

■歯科

月、火、水、金曜日

① 9:00~13:00 ② 14:30~18:00 ③19:00〜21:00

土曜日

① 9:00~13:00 ② 14:30~18:00

■美容皮フ科

月、水曜日 15:00~17:00

木曜日 ① 9:00~13:00  ② 14:30~17:00

土曜日 10:00~14:30

定休日

■歯科

木曜日・日曜日・祝日休み

■美容皮フ科

火曜日・金曜日・日曜日・祝日休み

駅から徒歩圏内の立地で営業しており、鶴舞線または桜通線からのアクセスが良好です。ご年配の方でも気軽に来院いただけ、土曜診療も行っておりますので生活スタイルに合わせてご利用ください。また、遠方にお住まいの方やお子様連れでも安心してご利用いただけるよう専用駐車場が6台分ございます。