ダウンロード

Pain

フォトフェイシャルの施術時の痛み

フォトフェイシャルの施術中、痛みを感じることがあります。個人差はありますが、施術時に輪ゴムで弾かれるような痛みを感じることがあります。痛みは、術前に冷却ジェルを塗布することで軽減され、麻酔なしで受けられる程度です。


#

赤み・腫れ・かゆみの発生

フォトフェイシャルの光がターゲットに反応して熱エネルギーに変わる際、一時的に赤みや軽い熱感、腫れ、かゆみが出ることがありますが、通常数時間で落ち着きます。なお、フォトフェイシャルによる皮膚の過敏性に関しては、IPL(≒フォトフェイシャル)の施術を繰り返しても皮膚の過敏性には影響しないとする研究結果があります。


#

肝斑が濃くなるリスク


フォトフェイシャルを肝斑に照射すると、かえって濃くなる可能性があります。肝斑は刺激や女性ホルモンの影響で生じるシミと考えられており、フォトフェイシャルの光も刺激となることがあります。中にはには肝斑モードがある機器もありますが、これは肝斑の治療ではなく、肝斑の治療には内服治療が推奨されます。


#

効果のないシミがある


ホクロや灰色から青みがかった真皮層にできたシミ(ADM)などには反応しません。また、薄いシミでは効果が出にくいことがあります。


#

シミが一時的に濃くなる可能性


フォトフェイシャル後に一時的にシミが濃くなることがあります。肌の新陳代謝により、IPLの光がメラニンを表面に浮き上がらせますが、このシミは一時的なもので、1週間程度でかさぶたになり剥がれます。


#

かさぶたの発生


フォトフェイシャルの光がメラニン色素に反応すると薄いかさぶたができることがありますが、これは正常な反応です。かさぶたは自然に剥がれるまで触れないようにしてください。


#

色素沈着などの肌トラブル


フォトフェイシャルの照射出力が強すぎると、熱エネルギーにより火傷や水ぶくれ、色素沈着を引き起こすことがあります。また、適切な治療間隔を守らない場合やアフターケアを怠ると肌トラブルが生じる可能性が高まります。


#

効果を実感するまでの回数


フォトフェイシャルで効果を実感するには、個人差がありますが、3~4週間の間隔で5~6回の施術が必要です。特にシミなどには回数が必要で、効果が出るまでに時間と費用がかかります。ただし、肌の明るさやハリの改善効果は1回の施術で感じる人もいます。


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 ■歯科
①9:00〜13:00 ②14:30〜18:00 ③19:00〜21:00
■美容皮フ科
月、水曜日15:00~17:00
木曜日 ① 9:00~13:00 ② 14:30~17:00
土曜日 10:00~14:30

Access


あんどう歯科・美容皮フ科

住所

〒466-0014

愛知県名古屋市昭和区東畑町1丁目40−9

Google MAPで確認する
電話番号

052-734-7997

052-734-7997

営業時間

■歯科

月、火、水、金曜日

① 9:00~13:00 ② 14:30~18:00 ③19:00〜21:00

土曜日

① 9:00~13:00 ② 14:30~18:00

■美容皮フ科

月、水曜日 15:00~17:00

木曜日 ① 9:00~13:00  ② 14:30~17:00

土曜日 10:00~14:30

定休日

■歯科

木曜日・日曜日・祝日休み

■美容皮フ科

火曜日・金曜日・日曜日・祝日休み

駅から徒歩圏内の立地で営業しており、鶴舞線または桜通線からのアクセスが良好です。ご年配の方でも気軽に来院いただけ、土曜診療も行っておりますので生活スタイルに合わせてご利用ください。また、遠方にお住まいの方やお子様連れでも安心してご利用いただけるよう専用駐車場が6台分ございます。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。