ダウンロード


「IPL光治療は効果がない」といわれる理由や、IPL光治療のデメリットについて解説します。


IPL光治療のデメリットと注意点

  • シミが一時的に濃く見える

    IPL光治療後、一時的にシミが濃く見えることがあります。これはメラニンを含む表皮細胞が熱変性を受け、ターンオーバーが促進されるためです。治療後2〜7日程度でシミが剥がれ落ち、改善が見られます。しかし、隠れていたシミが表面に現れることもあり、シミが目立つようになる場合もあります。


    ダウンロード (3)
  • 肝斑(かんぱん)が悪化する

    肝斑に対してIPL光治療を行うと、シミが濃くなることがあります。肝斑はホルモンやストレス、日焼けと関連があり、強い刺激で悪化します。肝斑治療にはスキンケア、内服薬、外用薬の他に、ピコトーニングなどのレーザー治療が効果的です。長期間のIPL光治療が肝斑を悪化させることもあるため、肌診断を受けて適切な治療法を選びましょう。


    ダウンロード (4)
  • 1回の照射では効果が出にくい


    IPL光治療はマイルドな光を照射し、効果を次に引き継ぎながら徐々に肌悩みを改善します。1回の治療では効果が出にくいため、数回の施術が必要です。


    29418507_s

IPL光治療を安全に受けるためのポイント

見出し(日本語)2

  • # 01

    美容皮膚科で施術を受ける


    IPL光治療のリスクを軽減するため、美容皮膚科などの医療機関での治療を検討しましょう。医療機関では専門の医師が肌状態に応じた出力レベルで照射するため、リスクが軽減されます。万が一のトラブルが発生しても、専門的なケアが受けられます。


  • # 02

    適切な回数と頻度で治療を受ける


    IPL光治療は3〜4週間の間隔を空けて照射を行います。過度な頻度での施術や、強い出力レベルでの施術は危険です。施術経験の豊富なクリニックで肌診断を受け、適切な回数と頻度で治療を受けましょう。


  • # 03

    セルフケアも重要


    治療後のセルフケアも大切です。日焼け対策を徹底し、保湿を行い、肌を健やかに保つことで、治療の効果を最大限に引き出せます。


IPL光治療は、正しい知識と適切なケアを持って受けることで、効果的な美肌治療となります。リスクを理解し、信頼できるクリニックで治療を受けましょう。


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 ■歯科
①9:00〜13:00 ②14:30〜18:00 ③19:00〜21:00
■美容皮フ科
月、水曜日15:00~17:00
木曜日 ① 9:00~13:00 ② 14:30~17:00
土曜日 10:00~14:30

Access


あんどう歯科・美容皮フ科

住所

〒466-0014

愛知県名古屋市昭和区東畑町1丁目40−9

Google MAPで確認する
電話番号

052-734-7997

052-734-7997

営業時間

■歯科

月、火、水、金曜日

① 9:00~13:00 ② 14:30~18:00 ③19:00〜21:00

土曜日

① 9:00~13:00 ② 14:30~18:00

■美容皮フ科

月、水曜日 15:00~17:00

木曜日 ① 9:00~13:00  ② 14:30~17:00

土曜日 10:00~14:30

定休日

■歯科

木曜日・日曜日・祝日休み

■美容皮フ科

火曜日・金曜日・日曜日・祝日休み

駅から徒歩圏内の立地で営業しており、鶴舞線または桜通線からのアクセスが良好です。ご年配の方でも気軽に来院いただけ、土曜診療も行っておりますので生活スタイルに合わせてご利用ください。また、遠方にお住まいの方やお子様連れでも安心してご利用いただけるよう専用駐車場が6台分ございます。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。